ストリートプリント工業会

事例と提案

商店街車道の、タイルの剥がれ解決

BEFORE

AFTER

以前の状態

人と車が混在する商店街の通りに張られたタイルが、主に車の通貨により、剥がれたり、かけたりして、商店主や通行人から歩きづらい、見た目が悪いなどの苦情が、役所に寄せられていた。

提案内容

壊れやすいタイルや、がたつきの出るインターロッキングをやめて、アスファルト舗装の上に施工するストリートプリントを提案。車両の通行に耐える上、多様多種な模様と色の組み合わせで、楽しい商店街を演出できる。

こうなった

商店街の方々の要望を取り入れ、明るく陽気なデザインを作成。街の中心を彩る楽しい街路となった。耐久性も申し分なく、人と車のどちらにも対応できる工法として評価された。

一覧に戻る